プロジェクト誕生の経緯

「20年後には、現在の職業の半分が機械に奪われる」

昨年オックスフォード大学マイケル・A・オズボーン博士の発表した研究が話題になりました。学説の真偽はともかく現在の驚異的な技術革新のスピードを見れば、今までの20年よりこれからの20年の方が大きく変化することは間違いありません。

特に日本は課題先進国と言われるように人口減少、超高齢化社会を迎え大きな変革が必要な時期を迎えています。この先の見えない時代に20年後に社会に出る子どもたちに必要な力とは「自ら考え自分の人生を切り開いて行く力」ではないでしょうか。こぐま会の「KUNOメソッド」は幼児期の基礎教育として、この「考える力=論理的思考力」を身につける教育なのです。

こぐまなびプロジェクトでは「考える力」を、どこでも、誰でも、楽しく学べるカリキュラムとして開発することを目標としています。

 

幼児教育とアニメーションの出会い


img_hoshi01-min
こぐまなびプロジェクト
プロデューサー 星川正幸

img_kiku01-min
株式会社ピーエーワークス
専務取締役 菊池宣広

 


小学校受験のパイオニアであるこぐま会とアニメーション制作会社P.A.WORKSのコラボレーション。それぞれの会社をご存じの方は、一見意外な組み合わせに驚かれたと思います。


確かにそうかもしれません。自分自身驚いていますから(笑)。そもそもこのプロジェクトが始まったのが2014年でしたよね。


img_hoshi02-min2014年の夏ですね。きっかけは私が以前所属していた会社の同僚を通して、こぐま会とそこで教えられている幼児教育メソッドに出会ったことなんです。

同僚が「こぐま会の優れた教育メソッドをもっと多くの人に使ってもらって、日本の幼児教育に貢献したい」と、数年来温めてきたオンライン化の構想にプロジェクトに興味を持ち、詳しくこぐま会の教育内容を知るにつれて、何とかその思いを形にしようということで今回のプロジェクトを立ち上げました。

そして、いろいろと模索する中、オンラインで継続して学習してもらうためには優れたエンターテイメントの要素が必要だと気付き、それを実現できるパートナーを探している中でP.A.WORKSさんと出会ったんです。


星川さんの同僚の方は私も以前から存じ上げていて、ご自身も博物館や美術館の展示コンテンツを手掛けられている方。アニメーションの持つ“伝えるチカラ”に対して、深い見識と理解を持った方なんです。

また星川さんも元々映像コンテンツの仕事をされていて、10年くらい前から、手軽に学べる機会を得られる教育方法「eラーニング」の仕事を手がけられてきた。初めてお会いした時から、こぐま会さんの40年に渡る幼児教育メソッドを、eラーニングとしてカリキュラム化したいという並々ならぬ熱意が伝わってきました。


でも正直なところ、時間も費用も限りのある中で、様々な実績のある一流の制作会社さんに依頼しても断られても当然だと思っていたんです。菊池専務に「まずはお話を聞きましょう」と言っていただけたことは、本当に嬉しかったですね。


img_kiku02-min実は自分自身、様々な状況によって学ぶことを諦めざるを得なかった人たちにも、学ぶ機会を提供できるeラーニングは以前から関心がありました。

そして何より、こぐま会さんで実際の授業を見学させていただき、また代表の久野(泰可)先生のお話をうかがって、本当に大げさではなく衝撃を受けたんです。「40うん年前、この授業を受けることが出来ていたら、その後の私の人生は今よりももっと多くの可能性に満ちたものになっていたのでは」と。もちろん今もそれほど良くないとは思ってはいませんが(苦笑)。

そこから星川さんと、このプロジェクトの意義、アニメーションや物語の持つ力や可能性など色々なことをお話させていただき、「これは実現するべきプロジェクトであり、我々も挑戦したい!」と事業化に向けての検討を始めました。


アニメーションと幼児教育の融合について賛同いただけたからこそ、このプロジェクトがスタートしたと言っても過言ではないです。


弊社の堀川もよく言っていますが、アニメーションの持つ可能性については常に模索していました。

以前、福岡のゲームメーカー・レベルファイブさんの『レイトン教授』シリーズ(※)のアニメパートを制作をさせていただいたことがあるのですが、謎を解いて物語の世界を進んでいく手法は、作り手側としても大変楽しく、またプレイされるプレイヤーの方たちのワクワク感が大ヒットにつながったと思っています。

今回のこぐま会さんとの出会いで、「アニメ」と「物語」の持つ“伝えるチカラ”は、幼児教育の分野でも、多くのお子さんたちにより良い“まなび”をお届する力強い味方になってくれると思っています。


幼児教育の現場で作り上げてきた優れた教育メソッドと、それを楽しく伝える素晴らしいエンターテインメント。この2つのコラボレーションが、どんな新しい幼児教育カリキュラムを生み出すかととてもワクワクしています。まだ始まったばかりの分野ではありますが、日本だけでなく世界中で使ってもらえるモノにして行きたいと思っています。

 

 

img_layton-min※『レイトン教授』シリーズ
謎を解き物語を進めることで、オリジナルアニメーションが見られるナゾトキ・ファンタジーアドベンチャー。世界中で大ヒットとなり、映画化もされた。

©LEVEL-5 Inc.