幼児教育について考えて舞ります!! #6「子どもが大人になる頃には」

taito-min

manga006-min

引き続き未来の社会についての話題です。

繰り返しお伝えしてきた通り、20年後には今ある仕事の多くがロボットや人工知能に奪われてしまうだろうと言われています。
現在幼児期の子どもたちは、丁度その頃に新社会人としてそのような社会に飛び込んでいく事になりますが、
はたして一体何が待ち受けているのでしょうか?

働き口が無く就職活動に苦戦しているのでしょうか?
それとも全く新しい仕事の在り方が出来ているのでしょうか?

いろいろ可能性は考えられますが…、う~ん、まだ何とも言えませんね。

ただ、社会が大きく変わる事で価値観や考え方も変わり、
今の当たり前が未来では通用しなくなっているかもしれません。
「自分達はこうしてきた、だからこうした方が良い」というアドバイスはまるで参考にならないものになってしまうでしょう。
その時代をどう生き抜くかは、その時代の当事者が「考える」必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA