幼児教育について考えて舞ります!! #15「教育改革」

非認知能力とは、IQとは別に、社会的成功に結びつきやすいのではないかと、最近の教育論で主張されている能力のことで、「やる気」「自信」「協調性」「粘り強さ」「忍耐力」「計画性」などの、社会的・情動的性質を表す能力を指し、5つの指標が提唱されています。

EQ(Emotional Quotient、感情をコントロールする能力)
SQ(Social Quotient、社会的認識の能力、社交性の能力)
PQ(Physical Quotient、身体的能力)
AQ(Adversity Quotient、逆境を乗り越える能力)
CQ(Creative Quotient、創造性の能力)

非認知能力を高めるには、幼児期のしつけ・就学前教育への投資・質のよい介入などを実践することが重要とされており、現在、具体的な評価方法や指導法の研究が続いています。

『幼児教育で非認知能力を高めるために知っておきたい!IQ以外に重要な「5つのQ」ってなに?』
http://kogumanabi.jp/report/report-447/