「gacco de こぐま会 ~がんばりマスター!~」発売記念イベント ~幼児教育に新しい風を~ イベントレポート

2017年2月26日。東京都恵比寿にあるこぐま会本社で、「gacco de こぐま会 ~がんばりマスター!~」の発売を記念した無料体験イベントが開催されました。

 

イベントの様子はドコモgaccoのシステムを利用してリアルタイムでも配信され、チャット機能を利用しての質問や、映像や資料などのデータを手軽に閲覧することができるため、子育て中などで、会場での参加が難しい親御さんなど、多くの方がオンラインでも参加を楽しんでいました。

久野先生による講演会では、まずは映像を見ながら“幼児期の基礎教育はなぜ大事か”“「KUNO メソッド」教育法の理念と方法”“考える力をどう育てるか”などが詳しく紹介・解説されました。「KUNOメソッド」は、30年以上にわたって幼児教育現場に立ち続けている久野先生によって、幼児が就学前に身につけるべき学習内容を子どもの発達段階に合わせて系列化した、独自の指導法です。

その中でも、学習を通して育てたい「考える力」として紹介された下記の10のポイントについて、多くの方たちが興味津々に耳を傾けていらっしゃいました。

 

① 物事の特徴をつかむ
② いくつかの物事を比較する
③ ある観点に沿って物事を順序づける
④ 全体と部分の関係を把握する
⑤ 観点を変えて物事をとらえる
⑥ 物事を相対化してとらえる
⑦ 逆に考える
⑧ ある物事をひとまとまりにしてとらえる
⑨ 規則性を発見する
⑩ AとB、BとCの関係から、AとCの関係を把握する

 

また講演の中で、久野先生が全面監修したアプリ「ひとりでがんばりマスター!」についての紹介もありました。これは、こぐま会の大人気問題集「ひとりでとっくんシリーズ」をベースに、全8巻で1500問以上の豊富な問題を収録している学びアプリです。今回のイベントでは「アプリだけではなく、事物教材と一緒に取り組むことでより理解が深まる」ということで、「子どもになったつもりで」と題し、実際にこぐま会の授業で使用されている事物教材を使って「KUNO メソッド」を体験してみることになりました!

ステージには再び久野先生が登壇され、「ひとりでがんばりマスター!」、そして事物教材を使って詳しく「KUNO メソッド」を解説。来場された方も真剣に取り組んでおり、気づいたら思わず夢中になっている方も。久野先生からは「子どもたちがもし答えを間違ったとしても、叱ったりすぐに答えを教えるのではなく、どこで間違ったのか、そのプロセスを知ることが大切。対話をしながら親子で一緒に考えることが大事なんです」と説明があり、子どもたちがどのように物を考えて、理解を深めていくのか、その段階を体験できるイベントでした。参加者からは、『家庭での接し方を少し工夫するだけで「KUNOメソッド」を取り入れることができるということを実感した』という感想もありました。

 

こうして約2時間にわたって行われた「gacco de こぐま会 ~がんばりマスター!~」発売記念イベントは無事終了となりました。

今回のイベントを通じて、多くの方たちが幼児教育、「KUNO メソッド」、そして幼児教育の新たなサービスである「gacco de こぐま会 ~がんばりマスター!~」に高い関心と興味を持たれていると実感できました。