Pickup!

海外で幼児教育への関心が高まっている背景

「乳児期とともに幼児期、とくに5歳~7、8歳は大事」という考え方はどの国でも認識され、5歳児の教育・保育をどのような内容にすれば、その後の子どものよりよい発達につながるかは、欧米に限らずどこの国でも重要視されています。
日本の就学前教育の公的支出が、2009年のOECD加盟国30か国中29位という低水準にとどまっていることも課題となっています。

公式Youtubeチャンネル

最新動画はこちら